延岡市医師会 概要

医師会概要

延岡市医師会沿革

昭和 8年 2月 延岡市制施行に伴って東臼杵郡医師会より独立し、延岡医師会が発足。
昭和22年12月 社団法人延岡市医師会として新生医師会設立
昭和27年 6月  准看護婦養成所を開所、昭和29年7月延岡准看護学校に改称。
昭和41年12月 全国に先駆けて学童の心臓検診を開始し『延岡方式』として注目された。今日での全国的に学童心臓検診を実施するきっかけとなる。
昭和42年6月 延岡市医師会病院を(42床)を開設。
昭和52年11月に増改築 59床
昭和61年3月に増改築 69床
平成元年4月に増改築 91床
平成9年3月に内部改装し108床となる。
昭和46年11月 学童心臓検診で日本医師会の『最高優功賞』受賞。
昭和50年2月 延岡医学会の発足。
昭和52年4月 延岡高等看護学校開設。
昭和53年4月 延岡市医師会病院の『開放型病院』許可承認。(厚生省より)
平成16年7月 延岡市出北6丁目へ新築移転
平成24年4月

一般社団法人へ移行

延岡市医師会役員と職務分担

任期(平成28年定時総会終結時~平成30年定時総会終結時まで)

役職名 氏名 担当業務
会長 吉田 建世 統括、渉外、県医師会理事
副会長 佐藤 信博 県医師会理事、延岡市医師会病院、総務
副会長 平野 雅弘 延岡看護専門学校、地域医療、医療行政、医事紛争、庶務
理事 赤須郁太郎 救急医療、急病センター、災害医療
理事 宮本 義明 会計、労務対策
理事 山口 哲朗 学術、生涯教育、勤務医部会
理事 髙橋 博和 公衆衛生、医療保険
理事 今田 真一 生活習慣病、腎臓検診
理事 金井 一男 学校保健、産業医、広報
理事 榎本 雄介 介護保険介護福祉、在宅医療、医療情報システム
理事 丸山洋一郎 文化厚生会員福祉、心臓検診
理事 大重 明広 健康教育、看護師研修講座
議長 木下 義美
副議長 川名 修徳
監事 岡村 公子
監事 井手 稔
監事 宮田 純一
学校長 野田 寛