教育について

教育目標

教育理念

豊かな感性・博愛の精神・自律の心

教育目標

医療高等課程

1.感性を育み対象である人間を総合的に理解できる。
2.対象のもつ個別性を理解し、尊重できる態度を身につける。
3.対象に起こっている事実を正しくとらえる力、分析する力を身につける。
4.基礎的知識に基づいた看護実践の根拠がわかり、安全・安楽な看護援助が実践できる。
5.社会情勢に目を向け、准看護師としての社会的責任を自覚し、社会の変化に対応できる能力を身につける。

医療専門課程

1.複雑な社会と多様な価値観を認識し、社会規範の順守及び生命の尊厳を基盤とした倫理的行動ができる。
2.人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解し、人々の健康上の問題を解決するための基礎的能力を身につける。
3.科学的根拠に基づき、安全な看護を実践できる基礎的能力を修得する。
4.あらゆる健康レベル・成長発達段階に対応した看護を実践するための知識・技術・態度を身につける。
5.保健・医療・福祉チームの一員として、看護師の役割を果たすための協調性と調節能力を身につける。
6.専門職として、生涯にわたり主体的に学び続ける力を身につける。
7.豊かな感性を培い、相手の立場や気持ちを理解する心で人々と接することができる。